藤井菜々子(競歩)高校は? 那珂川北中学時代,陸上成績とオリンピック代表秘話

東京オリンピック

競歩・藤井菜々子選手のプロフィール!
那珂川中学時代の成績は?高校はどこ?
陸上の成績とオリンピック代表秘話とは?

今回は東京オリンピックの競歩20キロ女子日本代表に選ばれた藤井菜々子選手について調べました!
右太ももの靭帯を痛めて今年2月に行われた日本選手権を棄権し、悔しい思いをした藤井菜々子選手ですが、石川県で行われた全日本競歩能美大会で優勝を果たし、見事東京オリンピックの出場権を獲得しました!
そんな藤井菜々子選手のプロフィールや中学高校陸上での成績、オリンピック代表秘話についてまとめましたのでご覧ください!


スポンサーリンク





藤井菜々子(競歩)高校は? 那珂川北中学時代,陸上成績

藤井菜々子(競歩)経歴プロフィール


(引用:https://images.app.goo.gl/

名前:藤井菜々子(ふじい ななこ)
生年月日:1999年5月7日
出身地:福岡県
身長:159cm
体重:44kg
所属:エディオン

競歩を始めたきっかけは骨折だった?

藤井菜々子選手が陸上を始めたのは小学3年生の時
走るのが大好きだったらしく1、2年生の時には校内のマラソン大会で優勝していたらしいです。
小学生時代は短距離と中距離を主に走っており、中学では800mと1500mを中心に走っていたとのことです。


引用:引用:那珂川北中学校HP

2年前に那珂川北中学校を卒業した11期生の藤井菜々子です。
陸上競技は小学校3年生から始めて、那珂川北中学校では陸上部に所属し、全国大会を目標に日原先生のご指導の下、練習に励んでいました。
進学した北九州市立高校で2年生の5月頃から競歩競技を顧問の先生のアドバイスのもと始めました。
最初はケガのリハビリとして始めましたが、徐々にインターハイで結果を残したいと思うようになりました。
3ケ月という短い期間でしたが、毎日の練習を大切にして、日本一を掴み取ることができました。
在校生の皆様も誰にでもチャンスはあると思うので、夢を諦めず努力を惜しまずに頑張ってください。
引用:那珂川北中学校HP

順調に競技を続けていた藤井菜々子選手ですが、高校1年生の2月に左すねを疲労骨折します。
その時、リハビリの一環として始めたのが競歩だったということ!

監督から

監督
体力づくりのつもりで競歩やってみたらどうだ?

と言われ参加したのがきっかけで競歩を始めたようです!

陸上一家だった!?

実は藤井菜々子選手の母親短距離走の選手をしていたらしく中学生の時に陸上をしていたとのこと。
さらに父親市民ランナーとして現在も走っているらしいです!
まさに陸上一家であり、陸上の血を継いだサラブレッドとも言えます!

中学校は那珂川北中学校?

藤井菜々子選手は福岡県にある那珂川(なかがわ)北中学校に進み、1500mで福岡県中学総体と福岡県中学通信において6位に入賞します。
しかし、目標にしていた全日本中学校選手権の標準記録に0.5秒足りず悔しい思いをしたとのこと。

高校は北九州市立高校!

藤井菜々子選手はもっと強くなりたいと思い、福岡県北九州市にある北九州市立高校に進学します。
長距離の強豪校であり、駅伝に出場したくここを選んだとのこと。

高校では3000mと5000mに取り組み記録を残したのですが、全国高校駅伝は補欠の枠だったらしく、ここでも悔しい思いをします。

先にも述べたようにこの時、競歩に出会い初レースから2週間後の福岡県大会で優勝!
その2週間後の北九州大会も優勝し、競歩の才能を爆発させます。


スポンサーリンク





陸上成績とオリンピック代表秘話

競歩の過去の成績がすごい!

競歩を初めてから数々の成績を残してきた藤井菜々子選手の輝かしい成績をまとめました!

〈高校2年生〉
インターハイ優勝

〈高校3年生〉
インターハイ優勝
国体優勝

〈実業団(現在)〉
日本選手権2位
世界陸上ドーハ大会 7位入賞
全日本競歩能美大会 20km 優勝(オリンピック出場権獲得)

21歳にしてこの成績の数々は凄すぎますね。
これからも記録を塗り替えて行きそうな予感です。

オリンピック秘話が泣ける

そんな順風満帆な藤井菜々子選手ですが、今年1月に右脚を怪我してしまい日本選手権を棄権してしまいます。

その怪我を乗り越えて参加した今年3月の全日本競歩能美大会で悲願の優勝を果たし、ゴール後には普段見せない涙を流し、喜びをあらわにしていました。
オリンピックの出場危機や焦りなどの逆境を乗り越えて勝ち取った東京オリンピックの切符!
金メダルを取って、もう一度嬉し涙を見せてほしいですね!

まとめ

本日は女子競歩20kmの藤井菜々子選手についてまとめました!
これからも数々の記録を更新しそうな予感がしますが、東京オリンピックでも記録更新して金メダルを獲得してほしいです!
日本は競歩最強国でもあるので、期待が高まります!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました