堀口恭司怪我理由や全治!現在の強さや戦績は負け続き?海外の反応も

格闘技

堀口恭司選手の怪我の理由が意外で全治何か月?
現在の強さは?戦績が凄いも最近は負け続きで海外の反応は?

今回はRIZINでの戦いで毎回注目を浴びている堀口恭司選手について調べました!
史上最強のMade in JAPAN、海外の総合格闘技MMAで28勝3敗という日本人格闘技選手として最強を誇る堀口恭司選手。

そんな堀口恭司選手の怪我の理由や全治はどのくらい?戦績や負け続きって本当?
気になる海外の反応まで調べてみましたので最後までご覧ください!


スポンサーリンク





堀口恭司怪我理由や全治!

堀口恭司経歴プロフィール


https://images.app.goo.gl/ より引用)

堀口恭司(ほりぐち きょうじ)
生年月日:1990年10月12日
年齢:30歳(2021年1月執筆当時)
出身地:群馬県高崎市
身長:165㎝
所属ジム:アメリカントップチーム
階級:フライ級(56.7㎏)→バンタム級(61.2㎏)
MMA戦績:28勝3敗
獲得タイトル:元修斗世界バンタム級王者

怪我の理由はダメージの蓄積?全治10か月で現在は復帰!?

そんな最強を誇る堀口恭司選手ですが、2019年の春ごろから体に違和感を覚え始めます。
なんとかやり過ごしていたらしいのですが、それが良くなかったのか病院に行ったときにはかなりひどい状態だったようです。

医師からは「右膝十字靭帯断裂、半月板損傷」と診断され、全治10か月の大けがでした。
怪我の原因や理由としては「これまでのダメージが蓄積したもの」と考えられており、極限まで追い込んだトレーニングや試合でのダメージなどが一気に悲鳴を上げたようです。

アメリカの病院で緊急手術を受け、フロリダのジムや病院で苦しいリハビリを続けたそうで、その間は車いす生活を余儀なくされたとのこと。


https://images.app.goo.gl/ より引用)

その姿を見たファンからは「復帰は厳しそう…」「大丈夫?」と心配の声が。
それでも堀口恭司選手は懸命にリハビリを行い、周りのスタッフのサポートの甲斐あって完全復帰を果たします!

スポンサーリンク





堀口恭司現在の強さや戦績は負け続き?海外の反応も

過去の戦績が凄すぎた!

堀口恭司選手は国内格闘技団体の修斗(しゅうと)でプロデビュー。

なんとデビューから6連勝(5KO)!
2013年には修斗フェザー級のタイトルマッチに挑戦し、扇久保博正選手との対戦でスリーパーホールドで勝利。
堀口恭司選手はこの勢いのままパンクラスの王者である石渡伸太郎選手との対戦が決定します。
勝者は世界最高峰と言われている『UFC』と契約が出来るとのうわさがあったようで…
これに勝利したのが堀口恭司選手なんです!
修斗では13戦中12勝という戦績!そしてこの年の10月に本当にUFCと契約し、デビューを果たします。

UFCでの戦績

UFCの舞台に立った堀口恭司選手はデビューから4連勝を収め、『UFCフライ級』の試合が決定します。

絶対王者のデメトリアス・ジョンソン選手とのタイトル戦ではくしくもギブアップ負けを許してしまい初黒星に。
UFCでの戦績は7勝1敗で唯一の黒星がこのタイトルマッチだったんです。
日本人選手としては最強の戦績を残しました。

RIZINでの戦績

その後、逆輸入のような形で『RIZIN』に参戦!

初戦は2017年4月に組まれた元谷友貴選手との対戦で判定勝利を収めます。
のちに行われたグランプリ戦では並居る強豪と対戦に勝ち続け、挙句UFCで対戦したことのある石渡選手との試合では石渡選手が2,3日記憶を飛ばすほどの失神KO劇を見せました。

RIZINでは11戦9勝2敗と素晴らしい戦績を残しています。
初の黒星となったのは2018年9月30日の対那須川天心でした。
3R判定負けでしたが、この一戦は日本中が注目する戦いとなりました。

現在の強さはどれぐらい?負け続けている!?

堀口恭司選手の強さはプロデビューから1度も劣ったことはありません!
常に第一線で活躍しており、どんな曲者でもどんな屈強な相手でも倒し続けています。
正直言うと日本の格闘技選手の中でトップレベルの選手だと思うので強さに関しては実績通りです!

ただ、堀口恭司選手のような最強選手は1度負けてしまうとなぜかそちらの印象が強くなってしまいます…

2019年8月に行われたRIZINの試合では朝倉海(25歳)に衝撃的なKO負けを喫してしまい、観ていたファンは驚きを隠せないようでした。

語り継がれる堀口恭司と朝倉海の試合

あまりの悔しさに堀口恭司選手も再戦を計画するほど。
那須川天心選手と朝倉海選手に負けた印象がある人からすると「負け続ているイメージ」があると思いますが、そうではありません!

それ以外は9勝しているので、これからも勝ち続けていくと思います!

朝倉海選手との再戦と海外の反応

大けがから復活した堀口恭司選手は昨年8月に対戦し、負けてしまった朝倉海選手との再戦が決定!
2020年12月31日のメインカードとして組まれた1戦は、日本中のファンが固唾をのんで観る展開に。

前回は1回1分8秒でKO負けを許した堀口恭司選手ですが、今回は1回2分48秒の劇的KO勝利を収めました!

試合動画はコチラ

リベンジを果たした堀口恭司選手は「コロナ禍でネガティブな気持ちになった人が多い中、最高のカードを見せることができたのはとても大きな意味があった」とコメント

この試合を観た海外のファンの反応は…
「絶対的なモンスター」
「堀口はUFCに戻ってくる必要がある。フィゲイレードとの対戦も見たい」
「もしまだ彼がUFCにいたらと想像してしまう」
と様々でした。堀口恭司選手の活躍ぶりにUFCファンは彼を手放したUFCに怒っているようにも感じました。

確かにもったいないですが日本人からするとラッキーの一言ですね!

まとめ

全世界が注目する堀口恭司選手はこれからも第一線で活躍すること間違いなしですし、またベルトを巻いた姿も見たいです!
日本が誇る格闘家の堀口恭司選手についてまとめました。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました