坂井聖人高校大学!現在は結婚して引退?リオ五輪で銀も挫折あり?

東京オリンピック

水泳・坂井聖人選手の高校は?大学はどこ!?
現在は結婚して引退?リオ五輪で銀も挫折を味わう

今回は水泳の坂井聖人選手について調べました!
坂井聖人選手と言えば2016年のリオデジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得し、日本に勇気と喜びを与えてくれました。

バタフライを得意とし、東京オリンピック有力候補の1人。
順風満帆に見える坂井聖人選手ですが引退を考えたほどのどん底を味わっていたらしく、その事情や高校、大学はどこ?結婚している?と言った点も詳しく調べてみたいと思います!


スポンサーリンク





坂井聖人高校大学!

坂井聖人経歴プロフィール


https://images.app.goo.gl/ より引用)

名前:坂井聖人(さかい まさと)
生年月日:1995年6月6日(25歳)
出身地:福岡県柳川市
身長:181㎝
所属:セイコーホールディングス
主な記録:2016年リオデジャネイロオリンピック 200mバタフライ 銀メダル

高校はどこ?大学は?

坂井聖人選手は兄の影響を受けて幼少期から水泳を習っていたそうです。
小学生時代は個人メドレー選手だったらしいのですがコーチからバタフライを勧められ、それからバタフライを得意としています。

高校は地元・柳川市にある『私立柳川高校』に入学します。
1年生の時にはインターハイ100mバタフライで優勝、アジアエイジ選手権50mバタフライ優勝など出る大会全てで結果を残します。

3年生の時にはインターハイ、国体で200mバタフライ優勝の2冠に輝き圧倒的な強さでライバルをなぎ倒していきます。


https://images.app.goo.gl/ より引用)

その後、早稲田大学に入学した坂井聖人選手はさらに泳ぎに磨きをかけ、「憧れの瀬戸大也に勝つ」という目標をかけ日々練習に励んだそうです。

成長著しい坂井聖人選手ですが幼い時から肩を外す特技?特異体質?の持ち主だそうですが、水泳選手にとってはあまりよくないらしく肩が外れる癖がついていると記録が伸びないんだとか。


スポンサーリンク





現在は結婚して引退?リオ五輪で銀も挫折あり?

現在は結婚している?

イケメンでさわやかなスマイルの持ち主である坂井聖人選手には女性ファンも多く、彼女や結婚のことなど皆さん気になっているようです。

坂井聖人選手は現在結婚していません。過去にも結婚歴はありませんでした。
彼女の存在は不明でした。すみません!
坂井聖人選手のハートを射抜く女性はどんな方なのかとても気になりますね。

リオオリンピックで銀メダルを獲得!

めきめきと実力、スタミナが付いてきた坂井聖人選手は2016年のリオ五輪に200mバタフライ日本代表として出場。
この時、メダルを総なめしていたアメリカのマイケル・フェルプス選手と決勝で対戦することになり日本中が大注目するレースになりました。


https://images.app.goo.gl/ より引用)

結果はマイケル・フェルプス選手と0.04秒の僅差という大接戦で銀メダルを獲得!

日本選手権で瀬戸大也選手を撃破!


https://images.app.goo.gl/ より引用)

リオ五輪の勢いが続き、全日本選手権200mバタフライ優勝、100m自己記録更新、17年日本選手権200mバタフライで憧れの瀬戸大也選手を破り、大きな目標を達成した坂井聖人選手はこの結果を受け、世界選手権出場を果たしました。

いいことが続いた坂井聖人選手ですが…

世界選手権で引退を考える

この世界選手権が坂井聖人選手のメンタルを崩壊させます。
なんと坂井聖人選手は世界選手権で6位と言う結果で惨敗。自身の泳ぎが出来ず、心が完全に折れたそうです。
元々メンタルが強いわけではなかったそうですが、深く考えすぎてしまい悩みから脱出できず落ち込んでばかりいたとのこと。

また肩が痛む日が続き、左肩を痛めその回復途中で右肩を痛めてしまい病院で診断してもらった結果「ガングリオン」と言う腫瘤があると診断され手術を敢行。
しばらくの間リハビリの日々でこの時、引退を考えたそうです。
それでもリハビリを行いフォームも改善し、泳ぎに自信がついたとのこと。

背泳ぎで2位の好記録!

坂井聖人選手は今年2月に行われたジャパンオープンで200m背泳ぎに出場し、1分58秒90で2位の成績を残しました。

小学生時代にコーチから「背泳ぎが上手くない」と言われ個人メドレー選手からバタフライの選手になった坂井聖人選手からするとこれは快挙だと思われます!

新たな可能性を秘めた坂井聖人選手の背泳ぎもオリンピックで見たいですね!

まとめ

今回はバタフライで東京オリンピックを目指す坂井聖人選手について調べました!
大きな挫折からの復活劇はしびれました。ぜひ東京オリンピックで金メダルを獲得して日本に大きな元気を与えてほしいです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました