玉井陸斗声変わり身長伸びたけどかわいい!馬淵コーチとの出会いや父親や家族,飛び込みきっかけは?

東京オリンピック

今回は飛び込みの玉井陸斗選手について調べました!
現在14歳の中学生、玉井陸斗選手ですが世界選手権の選考会で出場した国内大会で初出場、初優勝を果たし一躍注目を集めました。
12歳7ヶ月という日本国内のシニア大会史上最年少記録を残した玉井陸斗選手には期待しかありません!

昨年の2月に行われた東京オリンピック代表選考会458点を記録し、1位通過で東京オリンピック出場を決めました。

そんな玉井陸斗選手ですが声変わりの時期になったり、身長が伸びたりと成長中でその姿がかわいいと話題になっています!
他にも馬渕コーチとの出会いや家族について、飛び込みを始めたきっかけなどまとめましたのでご覧下さい。


スポンサーリンク





玉井陸斗馬淵コーチとの出会い 飛び込みきっかけは?

玉井陸斗経歴プロフィール


https://images.app.goo.gl/ より引用)

名前: 玉井陸斗(たまい りくと)
生年月日:2006年9月11日(14歳)
出身地:兵庫県宝塚市
身長/体重:143cm/36kg
所属クラブ:JSS宝塚

飛び込みを始めたきっかけは1枚のチラシ!?

3歳から競泳を習っていた玉井陸斗選手が飛び込みを始めたのは小学1年生の時だったそうです。
練習の時に飛び込みの教室についてのチラシを貰った玉井陸斗選手は母親にそのチラシを渡したそうです。
その時母から「やってみる?」と言われひとつ返事で始めたそうです。
まさかこのやり取りが東京オリンピックに繋がるとは誰も想像しなかったと思います!

成長出来た理由は仲間が辞めたから!?

玉井陸斗選手は同じぐらいの時期に始めた同学年の男の子がいたらしいのですが、小学4年生時にその子が辞めてしまい1人になったそうです。


https://images.app.goo.gl/ より引用)

互いに切磋琢磨して練習してきた仲間が辞めたことで悲しい気持ちになったそうですが、玉井陸斗選手は

玉井陸斗選手
ここで自分も辞めたら今までの練習が勿体なくなる

と思い、より一層飛び込みに集中するようになったそうです!

小学4年生でこの考えになるなんて凄すぎますよね!?
すでにアスリートとしてのスピリッツを持っていて素敵だなと思いました。

コーチは超敏腕の馬淵崇英さん!?

小学5年生の頃までは辰巳楓佳さんが玉井陸斗選手のコーチを務めており、飛び込みの基礎を叩き込みました。


日本オリンピック委員会 より引用)

辰巳楓佳さんは現在26歳で、ご自身も飛び込みの日本代表を務めた経歴があります。

それから現在までは馬淵崇英(まぶちすうえい)さんがコーチを務めています。
この方は寺内健選手や板橋美波選手のコーチをしていた事で有名で、日本の飛び込み界を代表する方なんです!

寺内健選手は玉井陸斗選手が塗り替えるまで飛び込み最年少記録保持者だった選手で、この方も玉井陸斗選手と同じJSSスイミングスクールに通っていた為、偶然なのか必然なのか分かりませんが馬淵コーチと出会うことになったんです!

ちなみに馬淵崇英さんの次女・優佳さんは競泳の瀬戸大也選手の奥さんなんです!




スポンサーリンク





玉井陸斗声変わり身長伸びたけどかわいい!

身長が伸び、声変わりしてもかわいい!

シニアデビューした2019年の4月以降、身長は9センチ伸び、体重も10キロ近く増加したようで大人になった玉井陸斗選手はすっかり声変わりをしたそうです。
去年時点では身長152cm、体重46キロになったようで演技にもパワーが付きそうです!

それでもまだまだ中学生ということで、ファンからは「かわいい!」との声も。
日に日に心身共に成長している玉井陸斗選手の活躍がとても楽しみですね!

筋肉が美しい!

玉井陸斗選手の筋肉が美しく、素晴らしいと話題になっています!
こちらの画像ですがたしかに美しい!

見事なまでのシックスパックと無駄のない筋肉、何度も言いますがまだ中学生と言うから余計に驚きです。
平日に4時間以上、休日は9時間近くも練習に打ち込んでいるらしく、この筋肉はその練習の成果なんですね!

飛び込みに筋肉はそこまで必要がないかと思っていましたが、それは間違いだったようです。すみませんでした。
学校でこの筋肉を見せたら間違いなくモテますね!

まとめ

今回は飛び込みの玉井陸斗選手について調べました。
現在14歳で、まだ成長過程である有望選手ですが、飛び込みのきっかけは一枚のチラシでした。
そこからコーチに恵まれ、飛び込み界では知られた存在です。

声変わりして身長も体重も伸び盛りですが、ファンからするとまだかわいいと応援したくなる存在ですよね。
玉井陸斗選手の父親や家族、兄弟がいるのかも気になるところですが、詳しい情報はありませんでした。
しかし一流選手、特に玉井陸斗選手はまだ10代の若手選手ですから競技と勉強の両立は大変だと思います。
そのサポートを父親や家族が全面的に行っている愛情豊かな家族であると想像します。

東京オリンピックで金メダルを獲得して世界に名をとどろかせてほしいですね!
最後まで読んでいただきありがとうございました!




スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました