米倉英信出身中学高校やプロフィール!父親もグリーンカレッジで福岡大!

東京オリンピック

今回は2020年東京オリンピックに出場する体操選手の米倉英信選手。

昨年2019年には跳馬で最高難度の新技を披露し、「ヨネクラ」という自分の名前がついた技が認定される快挙まで成し遂げている日本が誇る体操選手なんです!
『ロペスハーフ』と呼ばれる世界中で跳べる選手が少ない高難易度の技をこなす米倉英信選手のプロフィールや出身中学高校、父親の情報など色々まとめました。

米倉英信選手のプロフィール!出身中学や高校は?父親も体操選手で大学が一緒!?


スポンサーリンク





米倉英信出身中学高校やプロフィール!

米倉英信選手のプロフィール


引用:日刊スポーツ

《米倉英信選手のプロフィール》
名前:米倉英信(よねくらひでのぶ)
生年月日:1997年5月1日
年齢:21歳(2020年1月現在)
出身地:福岡県福岡市
身長:155㎝
体重:49㎏
得意種目:跳馬

体操を始めたきっかけは?

米倉選手が体操は始めたのは5歳の時、地元福岡にある『グリーンカレッジ』という体操クラブに入ったのがきっかけとのことです。


引用:Twitter

こちらが米倉英信選手が通っていたグリーンカレッジのお写真です。
しっかりとした設備のところで5歳から体操を習っていたのは結構な強みですね。

《グリーンカレッジ詳細》


引用:グリーンカレッジ公式HP

施設名:グリーンカレッジ
住所:福岡市南区筑紫丘2-1-2
営業時間:平日 9:30~20:00  土曜日 9:30~18:00

ちなみに米倉英信選手はグリーンカレッジに入る前から元体操選手の父親 米倉信彦(よねくらのぶひこ)に抱っこされた状態から空中ひねり投げをされていたようです。
これが今の体操競技に活かされてるのかもしれませんね。

父親米倉信彦さん
バランス感覚はよかったと思いますね。手に乗せてみたり立たせてみたり、そういうことは出来ていましたから、体をコントロールすることは秀でていたかなと思います。

体操選手だった父親による英才教育ですが、実は母親に内緒で行なっていたらしく、その理由はバレると怒られるからというとても可愛らしい理由でした。
たしかにこれで怪我でもしてしまったら大変ですからね…

出身中学校は?高校は名門・関西高校?

米倉英信選手は地元福岡県の福岡市立老司中学校に入学します。

《福岡市立老司中学校詳細》
中学校名:老司中学校(ろうじ)
住所:福岡市南区老司3丁目37番1号

ちなみに5歳から中学卒業までグリーンカレッジで練習を積んでおり
高校入学時に福岡県を離れるためそれと同時にグリーンカレッジも卒業しています。
中学卒業後は岡山県の名門校、関西高等学校に入学。

《関西高等学校詳細》
私立男子校
高校名:関西高等学校(かんぜい)
住所:岡山県 岡山市北区 西崎本町16-1
学科(偏差値):普通科国立進学コース(60)、普通科スーパー理数コース(51)、普通科特別進学コース(49)、普通科総合進学コース(43)、ITビジネス科(43)、電気科(38)
出身有名人:森末慎二(元体操選手)、甲本雅裕(俳優)
公式HP:http://kanzei.ac.jp/

高校3年生の時に出場した2015年全国高等学校総合体育大会で団体総合2位と種目別跳馬で2位という輝かしい成績を残します。

米倉英信選手は、高校時代の思い出として、『シルバーマン』と呼ばれたあだ名のことを語っています。

狙っていた跳馬の優勝を逃して、惜しくも2位になることがあった米倉英信選手に、
高校時代の監督が

米倉英信選手の高校時代の監督
シルバーマンやな

と。いつまでたってもシルバーコレクターだなという意味だそうですが
この言葉が米倉英信選手を奮起させたようです。

さらにこの年、跳馬で高難易度の『ロペス』を跳べるようになります。


引用:YouTube


スポンサーリンク





父親もグリーンカレッジで福岡大?

通ってる大学は地元の福岡大学?

米倉英信選手の通ってる大学を調べると地元の福岡大学でした!

《福岡大学詳細》
私立総合大学
大学名:福岡大学
住所:福岡県 福岡市城南区七隈8-19-1
学科:法学部、 経済学部、 商学部、 人文学部、 スポーツ科学部、 理学部、 工学部、 薬学部、 医学部、 商学部第二部
偏差値:42.5 – 65.0
出身有名人:小林よしのり(漫画家)、生野陽子(アナウンサー)
公式HP:https://www.fukuoka-u.ac.jp/

一度高校進学時に福岡を離れますが、再度大学で福岡に戻ってきます。

ちなみに福岡大学は文武両道のマンモス大学で地元でもとても有名ですが、体操などで名前を聞いたことがないのでなぜ福岡大学にいるのが不思議です。

しかし、米倉英信選手いわく、

米倉英信選手
僕らなりに目指せる所を目指してやっている。今は福岡大に来て良かったと思ってますよ

と言っているのでそのあたりは心配なさそうですねー!

大学3年生の時、6月に行われた第72回全日本学生体操競技選手権大会(インカレ)の種目別跳馬で見事優勝

高校時代からずっと2位を獲得していたことから名付けられた『シルバーマン』を返上することに成功しました。

さらに2019年2月に開催されたオーストラリア・メルボルンでの『FIG体操ワールドカップ』で種目別跳馬で新技を披露!
これが国際体操連盟からオリジナル技として認定され『ヨネクラ』と命名されました。

父親も同じ福岡大学を卒業していた!?

調べているとどうやら米倉英信選手の父親も体操選手だったということが分かりました!
さらに父親の米倉信彦(よねくら のぶひこ)さんも福岡大学の卒業生ということで親子揃って同じ道を歩んでいるのです!
さらに祖父も体操選手だったということでまさに体操選手一家!この血は相当強いですね

もしかしたら福岡大学を選んだ理由も父親の信彦さんの影響があるのかもしれませんね。

また米倉英信選手の体操の基礎を作ったと思われるグリーンカレッジですが
創立が、昭和47年(1972年)で今年で48年目です。

米倉信彦さんは、おそらく50代だと思いますので、グリーンカレッジ出身の可能性は低いかなと思います。

まとめ

今回は種目別跳馬で2020年東京オリンピック出場枠を狙っている米倉英信選手についてまとめました!
自身の名前が付いた技が誕生したり、全日本学生選手権大会で男子種目別跳馬で見事2連覇を達成したりとグングンと成績を伸ばしている米倉英信選手の今後の活躍から目が離せません!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました